Inline::Cで学ぶperlguts(その8)

ハッシュリファレンスを使わないと引数が多くなってしまうので、 前回に引き続き、調べたことをメモ。

Inline::Cで学ぶperlguts(その7)

Chaotic for iOSは、Perlでプロトタイプを書いてSwiftに書き直したものですが、 書き直す過程で行った変更をフィードバックするのに、調べごとをしたのでメモ。

今まで作成したスライドをまとめました

固定ページに「作成したスライド」っていうページを追加しました。 スライドを作るたびに、 これより良いスライドは作れないって思うわけですが、 がんばって作成しています。 「小ネギソートを作りたい!(Hokkaido.pm […]

Hokkaido.pm#13に行ってきました

まずは、参加者の皆様、お疲れ様でした。

Text::XslateでCソースを吐くときにケツカンマを防止する方法

この記事はPerl Advent Calendar 2016の17日目の記事です。

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROでボランティアスタッフをやりました

担当は、サブカメラでした。 もう一度、ボランティアスタッフをする時のためのメモです。

細かすぎて伝わらないVSCodeがPerlを書くのに適している理由

この記事はPerl Advent Calendar 2016の14日目の記事です。

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROの前夜祭に行ってきました

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROの前夜祭で、 「楽器アプリ制作の裏側」というタイトルでトークをした。

PerlでReverbを実装する(続き)

ちゃんとやるには、コムフィルタのフィードバックゲインを調整して、 例えば0.001になるタイミングを揃える必要があるらしい。

PerlでReverbを実装する

といっても、後部残響音の方。 シュレーダーによる生成アルゴリズムを実装してみた。