文書・図表・イラスト 一目でわかる表現の心理技法

前回に引き続き、 同じ著者の「文書・図表・イラスト 一目でわかる表現の心理技法」が気になったので読んでみました。

ヒューマン・エラー ― 誤りからみる人と社会の深層

「ヒューマン・エラー ― 誤りからみる人と社会の深層」を読んだのですが、 いつぞや紹介した本(*1)の続編ということもあり、良い本だと思います。

SF映画で学ぶインタフェースデザイン

「SF映画で学ぶインタフェースデザイン」がとても面白い本だったので、 これの感想文を書こうと思う。

フーリエの冒険

FFTについて調べてたんだけど、どれもこれも難しくて。 FFTは最後に少しだけ載ってるんだけど、 そこにたどり着くまでの過程が比較的優しい本を見つけたので紹介します。

マイクロインタラクション

ちょっと手に入れるのが遅れちゃったけど、 サクッと読めちゃったので読書感想文を書いてみる。

インタフェースデザインの心理学

「インタフェースデザインの心理学」がとても良い本だったので紹介しようと思う。

リーダブルコード

これ、「リーダブルコード」を読んだので、その感想を書きます。

色のユニバーサルデザイン

ぶっちゃけ、本の紹介なんですけどね。

UIについて語りたいの続き

前回、書きそびれた分を追記しようと思います。 「キャンセルできる」ということについて。

UIについて語りたい

そろそろそういうタイミングが来たと思うので、 カジュアルに書き残そうと思います。